ブログトップ

7月の予定(横浜市港南区での交通事故治療は当院にお任せ下さい)|2018/06/26

こんにちは鎌倉街道整骨院です。

7月の予定をお知らせいたします

7月の休診日は16日(月)です

【先生のお休み】

院長・・・毎週金曜日・毎週土曜日

宮田先生・・・毎週日曜日・毎週木曜日(12日、8月2日は出勤致します)

9日(月)、31日(火)、8月1日(水)

小岩先生・・・毎週火曜日(31日は出勤致します)・毎週土曜日

27日(金)、8月2日(木)、3日(金)

坂田先生・・・毎週日曜日(8日は出勤致します)・毎週水曜日

7日(土)

齋藤先生・・・毎週月曜日・毎週火曜日(3日は出勤致します)

毎週水曜日(4日、8月1日は出勤致します)・毎週木曜日(26日は出勤致します)

 

シフトが少しずれているところもありますのでご来院の際はお気を付け下さい。

ご迷惑をお掛け致しますがよろしくお願い致します。

 

7月はレジャーシーズンで車で出かける方が非常に増えます。

交通事故も多くなりやすいので、もし交通事故に遭われた際はご相談ください。

院内勉強会|2018/06/12

こんにちは鎌倉街道整骨院です。

先日は当院にて勉強会を行いました!今回のテーマは腰痛で何が原因なのか、なぜ痛めたのかなど、ひとことで腰痛と言っても様々なタイプの腰痛があります。その腰痛の原因をしっかりと把握し、その腰痛のタイプにあった治療をするための勉強会です。

まずは腰痛の痛みを確認していきます。前屈時に痛むのか、後屈時に痛むのか、どのあたりに痛みが出るのかなどをみます。又、姿勢や骨盤の歪み方などでも痛めやすい原因がみえてきます。そうして確認をした後に腰痛がどのタイプなのかを診断します。主に椎間板性・椎間関節性・筋膜性の3つのタイプに分けることができ、この3つそれぞれに対してアプローチの仕方があります。

実際の勉強会の様子です!院長がレクチャーをしているところです。腰痛では腰周りをほぐすのはもちろん、腰以外にも腸腰筋やハムストリングス、大腿四頭筋などもしっかりと緩めていく必要があります。そうすることにより腰への負担が軽減し、結果腰が緩んだり、普段の生活でも腰が辛くなることが少なくなります。この写真では腸腰筋のストレッチをしているところで、いかにピンポイントで腸腰筋を伸ばすか、腰への代償がでていないかなど細かい所を確認しながらやっています。他にもタイプ別の腰痛を見極めるための検査や、タイプ別の治療法を確認しながら理解を深めました。

どんな腰痛でも構いません。辛さがあれば当院にお任せしていただければしっかりと診断をしたうえで、患者様それぞれにあった治療法で痛みの除去はもちろん、姿勢や骨盤の歪みを正して普段から痛みが出ない身体作りをサポートしますのでお気軽にご相談下さい!

股関節の痛み|2018/06/05

こんにちは鎌倉街道整骨院です!

今回は股関節の痛みについてお話をしていこうと思います。

とはいっても股関節の痛みを引き起こすものは様々です。

その中でも女性に多くみられる下肢のアライメントの歪みによる痛みを紹介したいと思います。

具体的には骨盤に対して大腿部が内旋(股関節内旋)し、大腿部に対して下腿部が外旋(膝関節外旋)している状態、すなわちニーイントゥーアウトになっている方のタイプです!

このタイプだとなぜ股関節が痛くなるのか?それは股関節の構造にあります!股関節は臼関節と呼ばれ骨盤にあるくぼみに大腿骨の丸くなった頭の部分がはまって関節を成しています。しっかりとはまっている状態が通常の姿位とした時、ニーイントゥーアウトの場合では大腿骨の頭が内旋し骨盤のくぼみから少しずれてしまい結果痛みを引き起こします。

実際の施術例では下肢のアライメントを整えるため調整コースで対応しました。まず股関節の動きに関与する筋肉へのマッサージによるアプローチをし緩めて歪みを整えやすくします。そして股関節から膝関節、足関節と整えていき負担がかからない正常なアライメントに戻します。治療の最後はニーイントゥーアウトのアライメントに戻らないようにしていくことです!そのために外旋筋を意識させるための簡単なエクササイズや普段からの姿勢指導で痛みの出ない身体を作っていきます。

今回をお話しした中で出てきた”ニーイントゥーアウト”は股関節のみならず、膝関節や足関節を痛めやすい姿勢でもあります。またこのような姿勢になりやすい方は骨盤から歪んでることが多くみられます。症状に思い当たる方はお気軽に当院にご相談して頂ければと思います。

肩関節腱板損傷は横浜市港南区鎌倉街道整骨院へ|2018/06/03

こんにちは鎌倉街道整骨院の小岩です!

今回は肩関節の腱板損傷についてのお話をしていこうと思います。

40歳以上の男性に好発。発症年齢のピークは60代頃。
肩の運動障害・運動痛・夜間痛がありますが、夜間痛で睡眠がとれないことが一番辛い理由です。

運動痛はありますが、多くの患者さんは肩の挙上は多少可能になります。

腱板損傷の背景には腱板が骨と骨にはさまれているという解剖学的関係と腱板の老化がありますので、中年以降に好発となります。
明らかな外傷によるものは少なく、はっきりとした原因がなく日常生活動作の中で、断裂が起きる事が多いです。

男性に多いことから、仕事内容で肩の使いすぎが原因となってことがよく言われています。
若い年齢では部活などの投球肩で損傷が起こることもあります。

原因が急性外傷で始まった時には三角巾で安静にします。
多くを保存療法で軽快し、手術などは少ないです。

原因が解剖学的関係や老化によるものの場合には、普段の姿勢や肩関節、肩甲骨の位置を改善していかないといけません。

それには内旋している肩関節を解剖学的に負担のかからない外旋方向にもっていってあげて、肩甲骨を内転方向にしていき肩の負担を取ってあげないといけません。

肩や肩甲骨の位置が理想の位置から離れていけば腱板損傷のリスクは上がってきます。

鎌倉街道整骨院では正しい姿勢へ筋肉、骨盤、骨格からアプローチ。肩に負担のかからない理想の姿勢を作っていきます。

また、鎌倉街道整骨院では痛み炎症を早くひかせてくれる超音波治療が無料で受けられます!!

この機会に痛みのある方はご連絡ご相談をお待ちしております。

皆様のご来院心よりお待ちしております。

6月の予定(横浜市港南区での交通事故治療は当院にお任せ下さい)|2018/05/31

こんにちは鎌倉街道整骨院です。

6月の予定をお知らせいたします

休診日は無し

【先生のお休み】

院長・・・毎週金曜日・毎週土曜日(2日は午前中のみ出勤致します)

宮田先生・・・毎週日曜日・毎週木曜日(21日は出勤致します)

19日(火)

小岩先生・・・毎週火曜日(19日は出勤致します)・毎週土曜日

21日(木)

坂田先生・・・毎週日曜日(3日は出勤致します)・毎週水曜日

2日(土)

齋藤先生・・・毎週月曜日・毎週火曜日・毎週水曜日・毎週木曜日(28日は出勤致します)

今月より先生のお休みが変更になっております。

ご迷惑をお掛け致しますがよろしくお願い致します。

 

交通量も増えて交通事故も増えてきます。

もしも事故に遭われた際はお気軽にご相談下さい。

 

足底筋膜炎、足底腱膜炎|2018/05/11

こんにちは鎌倉街道整骨院です!

今回は足底筋膜炎についてのお話をしていこうと思います。

足底筋膜炎または足底腱膜炎とは、足の指の付け根からかかとまで、足の裏に膜のように張っている腱組織・足底筋膜に炎症が起き、小さな断裂を起こして痛みをもたらします。多くはかかとの骨の前あたりに痛みが起こり主に40歳代以上で発症します。

若い世代でもスポーツ選手などに多くみられます。

足の裏には、足底筋膜と呼ばれる膜のように薄く幅広い腱がかかとの骨から足指の付け根まで張っています。足の甲の骨は、縦横アーチになって体重を支えています。長年の歩行やランニング、ジャンプで使いすぎたり四十歳代以降になると、アーチ形成が崩れて筋膜に炎症を起こすことがあります。それが痛みの原因となり長引くと、足底筋膜の付け根にあるかかとの骨がとげのように大きくなり、痛みが増すこともあったりします。

原因がランニングなどによる緊張以外には、へん平足、老化による縦横アーチの低下などもあります。

長距離走をはじめとしたスポーツのほか、長時間の立ち仕事をする人も発症することがあります。

予防には必要以上に足底筋膜に負担をかけないようにクッション性が高い靴底でかかとがしっかりしていて足にフィットする靴を選ぶ事

そして長年の足底に負担のかかってきた姿勢を改善するという事です。人によって骨盤前傾、後傾、左右のアンバランスなど歪みは様々ですが、根本治療で姿勢を正しくしていく事で足底の負担、縦横アーチの回復などをしていきましょう!

鎌倉街道整骨院では痛み炎症を早くひかせてくれる超音波治療が無料で受けられます!!

この機会に痛みのある方はご連絡ご相談をお待ちしております。

皆様のご来院心よりお待ちしております。

ばね指|2018/05/08

こんにちは鎌倉街道整骨院です!

今回は指のばね指についてのお話をしていこうと思います。

患者様で時々、朝の指のこわばりや痺れなどを訴える方がいらっしゃいます。様々な要因はありますがその一つにあたるのが指をぐーからぱーに開くことが出来なくなってしまうばね指があります。引っかかってしまってロックされてしまう様な状態がわかりやすいかと思います。全ての指がなってしまうわけでは無く1、2本の指に症状が出てきます。

指は腱によって曲げ伸ばしをすることができます。手を握ったりする筋肉は前腕にありその力を腱が伝えています。その通り道で指を曲げる屈筋腱が浮き上がらないように押さえているのが靱帯性腱鞘(じんたいせいけんしょう)と呼ばれるものです。丁度、その構造はベルトとベルト通しの関係に似ています。
この靱帯性腱鞘は指の部分にありますが、それが終わる指の付け根付近に力がかかり炎症を生じやすいところがあります。 その部分の腱や腱鞘が炎症を起こし、“腱鞘炎”になり、さらに進行すると引っ掛かりが生じばね現象が起こります。これを“ばね指”と呼んでいます。

更年期の女性に多く、妊娠出産期の女性にも多く生じます。手の使いすぎやスポーツや指を良く使う仕事の人にも多いのも特徴です。糖尿病、リウマチ、透析患者にもよく発生します。母指(親指)、中指に多く、環指、小指、示指にもよくみられます。

 

他にも腰痛、肩凝り、頸の痛みなど様々な症状を出ない状態にしていくことも可能ですので何でもご相談下さい!

皆様のご来院心よりお待ちしております。

膝内側の痛み 鵞足炎|2018/04/27

こんにちは、鎌倉街道整骨院です!

今回はランナーの敵、鵞足炎について話をしていこうと思います。

まず鵞足とは、縫工筋・薄筋・半腱様筋の3つの筋肉の付着部のことを指し、その付着部が膝の下方内側にあたります。そして鵞足炎はこの付着部に炎症が起き、痛みがでてきます。では何故鵞足炎になるのか?原因として多いのは繰り返し一定の負担がかかるマラソンやランニングで痛める方が大半を占めます。ただ普段ランニングをすることが無くても発症する可能性は十分にあり、例えば仕事で歩くことが多い方も痛みが出る事があります。

ここまでは鵞足炎の基本的な話をしましたが、実際ランニングをしている方や仕事で歩くことが多い方が全員鵞足炎になるかというと、そうではありません。鵞足炎になりやすい人の特徴があります。それが“ニーイン トゥーアウト”といわれる下肢のアライメントです。膝が内側に入りつま先が外側に向いている状態のことを言います。簡単に言えばX脚のようなタイプに多いです。詳しく説明をすると、まず大腿部が股関節に対して内旋状態になり、下腿は膝関節に対して外旋しているような状態です。このような状態では鵞足と呼ばれる縫工筋・薄筋・半腱様筋はオーバーストレッチ(過度に伸ばされる)状態になります。この状態で負荷をかけるため伸ばされている鵞足の部分が擦れたりし、炎症を引き起こします。

この鵞足炎の治療はまずはじめに痛みがある時は負荷をかけず痛みが出るようなことはしないのが一番です。痛みを我慢して動いていると炎症が繰り返されより悪化していきます。そしてもうひとつ大事になるのが”ニーイントゥーアウト”の改善です。炎症が治まって痛みがなくなっても、この状態であると再発しかねません。さらにこの”ニーイントゥーアウト”では膝のみならず股関節、足関節なども痛めやすくなるので、根本的に改善をしなければ怪我をしやすくなります。

鵞足炎の施術例として1つご紹介をします。ご来院された患者様はここ最近マラソンを始めてから足関節の痛みを訴えていました。その症状が改善した後に鵞足部の痛みを訴えました。治療メニューではハリコースで対応しました。まずは原因となる筋にハリを刺し、ハリに対してパルスをかけ筋緊張の緩和をしていきました。そして次にアライメントの矯正をし、トレーニングでアライメントの定着を図っていきました。その方は膝の痛みを感じてから無理をしなかったので3週間ほどで痛みが落ち着き始め、マラソンの練習も問題なくできています。そしてメンテナンスとして現在は週に1度診ながら次のマラソン大会へ向けて練習しています!!

もしこのような症状に当てはまるのであればお気軽にご相談下さい

背中 肩甲骨の痛み|2018/04/27

こんにちは鎌倉街道整骨院です!

今回は背中の特に肩甲骨周りの痛みについてお話をしていこうと思います。

ご来院される患者様で多いのが、この背中でも肩甲骨の内側が辛くなる方です。

痛み以外にも凝りかたまっている感じや何か違和感がある感じなど患者様によってそれぞれ症状に差はあります。

しかしその症状の原因としては同じようなものになります。

その原因は簡単に言うと猫背にあります。

解剖学的に猫背は肩関節が内転・内転の姿位にあたるため、その姿位でいる時間が長くなればなるほど肩甲骨は通常のポジションより外側に開き、菱形筋や上後鋸筋が伸ばされるためハリ感や痛みなどが出てきます。

なので治療では菱形筋などをしっかりほぐすのはもちろんとして、根本的に治すとなると猫背を治すことが大切になります。その根本治療に大切なのは胸郭になります。

具体的な施術例としては骨格のバランスを整えていきますので、バランス調整コースで治療を進めていきます。まずは先ほど言った痛みが出てる部位にマッサージなどで直接アプローチをかけていきます。しかし痛めている部位だけでは再び痛みが出る可能性が高いので、肩関節を内旋内転の姿位にひっぱている筋にもアプローチをかけていきます。最後に肩甲骨を通常のポジションに戻すために胸郭などの骨格を整えて正しい姿勢を作りやすいように治療をしていきます。

肩周りや背中、また首なども姿勢がかなり関与してきます。姿勢は日常生活の癖が大きく関わってきますので、身体を悪くする習慣を見直して痛みの出ない身体を目指して頂ければと思います。

このような症状でお悩みの際はお気軽にご相談いただければと思います!

坐骨神経痛(お尻の痛みや痺れ)|2018/04/26

こんにちは鎌倉街道整骨院です!

今回は坐骨神経痛についてのお話をしていこうと思います。

皆様も日常で長い時間正座をしていて足が痺れた経験はあるかと思いますが、そのような痺れ症状がお尻から足の方へ出てきてしまう状態を坐骨神経痛の症状と言うと分かりやすいかと思います。

原因は様々ありますがまず1つは腰の骨からから出てくる坐骨神経の元となる部分が圧迫される事によっての腰の椎間板などが原因となってくるもの。

もうつは1つはお尻の筋肉の緊張が強くなる事によって引き起こされるものになります、特に原因となってくる筋肉は梨状筋と言う筋肉になります。

お尻の部分で坐骨神経の通り道となるトンネルの様な所があります。そこを形成している筋肉が梨状筋になります。

梨状筋の過度な筋緊張によって坐骨神経を圧迫してしまいそこの周辺から足などにかけて痺れを発します。なぜその様な状態まで筋緊張が強くなってしまうのかと言うと1日中座りっぱなしのデスクワークや運転のお仕事など、お尻の部分が何かに挟まれている状態が長時間続けば筋肉が硬くなり緊張が強くなるリスクは上がります。なので上に上げたようなお仕事をされている方が多く症状を訴えやすくなってきます。

椎間板が原因の方もお尻の筋緊張が原因の方もそもそもは正しい姿勢が保てなくなり各所に負担のかかる姿勢を何年も続けることで状態が悪化してきます。

鎌倉街道整骨院では痛みの元となる根本治療メインに行っています!

まずは今出ている症状の痛みを取っていきますが何度も繰り返していたら意味の無いものになってしまいます。

人によって骨盤前傾、後傾、左右のアンバランスなど歪みは様々ですが、根本治療で体を正しくしていく事で坐骨神経痛などのお辛い症状を出ない身体にしていきます!

他にも腰痛、肩凝り、頸の痛みなど様々な症状を出ない状態にしていくことも可能ですので何でもご相談下さい!

皆様のご来院心よりお待ちしております。

1 2 3 4 5 6 7 8

お問い合わせはこちら!

〒234-0053 横浜市港南区日野中央1-16-10

電話番号045-370-9189

アクセスマップ

ページTOPへ戻る